<< ホール稽古 | main | 一部チケット完売のお知らせ!! >>

中央文化センターへの道「稲城駅」編

0

    公演までついに1か月を切りました!

    今年の公演は20年ぶりに稲城市内公演となります!

     

    「稲城市中央文化センター・ホール」

     

    ここは、記念すべき第一回公演「あったかい心」が上演された場所です!

    現在も、各地の旗上げ公演として「あたたかい心」がスタンダードになっていますが、第一回は「あったかい心」だったんですね〜。

     

    来年は創立25周年!劇団の歴史については来年じっくりとご紹介することとなりますが、とにかく、児童劇団「大きな夢」のはじまりの場所なのです!

     

    ではなぜ、20年前を最後に稲城子どもミュージカルは、このホールを使ってこなかったのか。

    それは、徐々に劇団員が増え、また演目もより複雑なセットや演出を必要とするものになり、広い舞台や専門的な設備のある劇場へと、移らざるを得なかったのでした。

     

    長い年月の中、中央文化センターホールも老朽化し、座席は長時間座るのには硬く、またトイレも古くて・・・・

     

    そんな中央文化センターホールに、待望の改修工事が持ち上げりました。

    ぜひきれいになったホールで念願の市内公演を!

    改修に当たって、要望を出し、美術バトンを増やしてもらったり、中途半端な緞帳の位置を直してもらったり・・・・

    建て替えではないので、いろいろと制約のあるなか、今年の4月に改修工事が終わりました!

     

    「劇場」とは違うのでやはり設備面では、不十分な面が多々ありますが、今の中央文化センターでできる最高のパフォーマンスをしようと、子どもたちも、先生も、スタッフさんたちも、そして父母会も、本番に向けて頑張っております!

     

    場所は市内の方なら、市役所のとなりなのでよくご存じかと思います。

    遠くからいらっしゃる場合は、車でのご来場はお控えください。

    ホール専用の駐車場はありません。市役所の駐車場はありますが、数が少なく、現在一部工事中でさらに停められる数が限られます。

    平日のため一般の市役所の来庁者も駐車されていますので、ほぼ駐車場は空いてないと思われます。

     

    電車でお越しの場合は、

    京王相模原線「稲城駅」から徒歩12分

    JR南武線「稲城長沼駅」から徒歩15分

    少しわかりくいので、会場までの道のりをご紹介しますね。

     

    今回は、京王相模原線「稲城駅」から中央文化センターへをご案内します。

     

    改札を出て左方向に「retnode」の文字を目指し、その階段を地下2階まで降りていきます

     

    降りたら外に出られますので、ロータリーを左に沿って進み、そのまま直進します。

    三沢川にぶつかるまで進んだら、右折です。そのまま三沢川沿いを進みます。

    ちなみにこの三沢川、カワセミもいるらしいです。

    稲城市を紹介している歌の中にも出てくる、稲城市内を流れる自然あふれる川です。

    「いいな稲城」稲城市公式動画

    三沢川を左手に見ながらすすみ、いくつか橋が架かっているのですが、「馬橋」に来たら橋を渡ってください。

     

    橋を渡ったらそのまま中央分離帯のあるやや広い道に出るまで直進で、広い道に出たら右へ。

     

    このカラフルな看板が見えたら右に入ると到着です!!

    当日は駐車場の工事中なので写真と少し異なりますが・・・。

    下の写真だと、赤白三角コーンの間を通っていく感じです。

     

    稲城子どもミュージカルのホームページには、道案内の詳しいpdfファイルをアップしています。

    プリントアウトしてお持ちください!

    中央文化センターへの道pdf版(「稲城駅」1〜2ページ「稲城長沼駅」3〜4ページ)

     

    公演当日は真夏真っ只中!暑さ対策もお忘れなく!

    劇団員、スタッフ一同、お客様に最高の舞台をお届けすべく頑張っています!

    平日ではありますが、ぜひ児童劇団「大きな夢」の聖地、稲城市中央文化センターへご来場ください。

    チケットのお申し込みは、出演者、または稲城子どもミュージカル公式ホームページ

     

    南武線「稲城長沼駅」編は、近々ご紹介予定!

    posted by: いなぶろ | 定期公演 | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    http://blog.inagikm.com/trackback/996472